交通事故被害について

交通事故にあった場合、大きな恐怖を感じ重傷を負ってしまい完治した場合でも時間が経ってから何かの拍子にフラッシュバックを起こしてしまいパニックになってしまうこと、そして事故にあってからはあまり眠れなくなってしまったなど、体にも心に深い傷を負ってしまうケースが多くあります。このような症状は、PTSDといい交通事故など大きな衝撃を受けた場合などに多く出てくる症状となります。交通事故の大きさにもよりますが、あまり大きな事故を起こしてしまうことで、PTSDになってしまうことがあります。体に負う傷とは違い、心に負う傷の大きさの方が回復するには時間がかかります。PTSDの原因としては、瞬時に身に起こる恐怖がそのまま感情として気持ちの中に残ってしまうことです。

怪我をしてしまった場合、完治するものと何らかの障害が残ってしまうものがあります。このため苦痛や先々の不安そして事故後の賠償問題や示談などでストレスもたまるものです。このようなことがすべてPTSDという症状を引き起こしてしまうのです。PTSDは精神障害で、何度も過去の恐怖などの体験を長い期間思い出すことをやめようとすることで、反動として精神的にショックを受けてしまいます。一番多いのがフラッシュバックです。何度も同じ恐怖を思いだしてしまうことで精神的に交通事故に関連付けられて恐怖となって繰り返してしまいます。これは持続性がありますので回復には時間がかかります。